Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
アンカー展
久しぶりに美術館巡り。

【ワタリウム美術館@青山】クマグスの森 南方熊楠の見た夢

企画展の内容は、
色んな国を旅した学者の南方さんという人物を、
資料と功績を見ながら考え方や生き方を紹介するものでした。
粘菌が展示してあったりと。。。カナリB級な企画。
ウチは、美術館行けば絵がかならず展示してあると思っていたのでちょっと残念。でもキノコかわいかったよ。

ワタリウム美術館は、
カナリ個性的な企画展をしてるミュージアムショップの本・ポストカードの数が多い。
バイヤーがちゃんと選らんでいるのが伺えます。
本の数はとてもすごい。上までびっしりとアート本。幸せすぎる。
まぁ。。。英語な本も多く、高くて買えないので立ち読みしまくってきました。


【渋谷Bunkamura@渋谷】アルベール・アンカー展

企画展の内容は、
スイスの田舎風景を描き続けた画家アンカーさんの企画展。
母性を感じさせる優しさがあふれでてる絵を描くんだなぁ〜。。。。と思ったら男性でした。
アンカーさんの描く横顔は、フェルメールに近いものを感じましたが
唇の写実が、フェルメールは男性視点から描いてる雰囲気があるけど
アンカーは、母性から感じた愛らしさを描いてる気がしました。


私 オススメの1枚は、息子が2才で亡くなってしまったときに書いた絵。
安らかに眠る息子を愛らしく描いています。
そこには、悲しみは一切描かれていません。
自分の感情をしまい込んで描いたのかな。。と考えたら 逆に悲しくなっちゃいました。

個人的な意見では、あまり、、、アンカーさんは好きじゃないなぁ。
枠にはまりすぎているというか。
人形の様にかわいい子供達・美しい田舎風景ばかりで泥臭さが全く無いんだよね。
そこが良いところなのかもしれない。人柄なのかな。
でもまぁ、、、、最初はスゴイ!って感動するけどだんだん見慣れたら飽きちゃうかなって。そんな気がしました。

美術館の方は、
流石渋谷というべきか。混んでました。
ミュージアムショップはメインは本の様で。そこに雑貨がチラホラ。
| 川めぐ | 20:47 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode